読後.com

おすすめの漫画やおすすめのゲームなど、主に読み物の読後にレビューをしているサイト。

*

【FEif攻略】暗夜王国終盤21章~終章の攻略ポイントまとめ

      2015/08/24     Game - ファイアーエムブレムif

終盤については、上級職ユニットを育てながら進めていきます。上限レベルまでいくとそれ以上経験値がもらえなくなってしまうため、軍全体で上手く調整しながらレベル上げをしたいところです。

上級職になったばかりの1~5レベルでは安定せずまだまだ弱いこともありますが、10~15レベルくらいから本領を発揮してきます。根気強く育てることをおすすめします。

それでは、終章までの各章の攻略ポイントを紹介していきます。

終盤の暗夜王国攻略

21章 黄泉の階段

増援のノスフェラトゥは経験値が入らないため倒す意味はない。どれが増援なのかわからなくなったら「虚無の呪い」というスキルを持つものが増援。随時確認すること。

また、ノスフェラトゥに対しては「聖なる槍」があると力強い。あとのマップでも使えるため選択肢として視野に入れておきたい。

左下と右下のノスフェラトゥを倒すユニットは、戦闘前に一番左と一番右の最も敵に近い位置に配置しておき、開始後すぐに倒すこと。周りのメンバーから遅れを取らずに進軍するためには必要な動作となる。

竜脈フリーズのような効果をもっており、ノスフェラトゥの足止めが出来る。これを順に使いながら少しずつ上へ登っていく。上手くいけばボス戦まで増援のノスフェラトゥを動かすことなく登れる。

頂上付近についたら、歩数の少ないユニットは右側から素早く突破。その他のユニットは敵を討伐しながら左側から突破する。

自軍の中でも特に強いユニットを最後に数体残し、ボスを倒したら次のターンに突破。ボスを倒すと術書が手に入る。

ボス討伐時、出口に1体ユニットを置いて他を並べるようにおいておけば、「出口のユニット→その隣のユニット→その隣のユニット」というようにして全員が確実に突破出来る。

22章 白夜王女サクラ

ここから出撃枠が1枠増えるため、上級職加入のユニットで育てたいメンバーを加えると良い。

左側と右側に戦力や回復職をバランス良く分散させる。互いに竜脈で道を開きながら敵を倒していく。

少しずつ進んで、囲まれないように注意すること。壁を挟んで戦うのもアリ。

壁を壊してサクラを倒す精霊の粉がもらえる。

23章 囚われし瞳

宝箱が2つあるため、鍵開けスキルを持つユニットを出撃させること。

このマップは正攻法で戦うしかないため、出来る限り固まって進軍する。スキル・武器の相性なども考慮すると良い。

階段を上る時は、階段の周りに一度集結してから一気に全員で上る。ユニットでを作りその後ろに後衛をおけば、安全に戦える。

ピンチ時は階段を降りるのがおすすめ。敵が降りてこない安全圏となっている。

24章 白夜王女ヒノカ

天馬の多いマップ。「ビーストキラー」や「」、「獣特攻」のスキルが有効。これらを扱う仲間でまだ育っていないユニットがいれば、このマップでレベルを上げておきたい。

まず、攻撃範囲を確認して天馬をおびき寄せて倒す。次に左の橋を渡り敵を倒しつつ増援の天馬を倒す。

「終わったと思ったら増援が出てきて回復が間に合わない」というおそれもあるため、常に増援に気を配ること。

竜脈を使えば天馬をある程度足止め出来るので有効利用したいところ。自軍の歩数も増えるため移動がスムーズになる。ただし、天馬以外の敵に対して十分な注意が必要となる。

25章 白夜王子リョウマ

宝箱が2つあるため、鍵開けスキルを持つユニットを出撃させること。ここから1枠増えるため、新たに上級職ユニットを加えると良い。特に回復職が足りないと感じていれば増やしておくべき。

カムイでリョウマを開始すぐに倒すことも出来るが、ここでレベルを上げておかないと後々辛くなるおそれがあるためおすすめはしない

このマップでは、魔法系がすこぶる相性が悪いので注意が必要。また、攻撃の計算だけでなく、敵のスキルで受けるHPも考えておかないとHPを削られてピンチとなることに注意したい。

「右→左」と、順番に攻略するのがおすすめ。ボスを倒すと扉が全て開くため、一々初期位置へ戻ったり逆走する必要はない。その上、カムイはリョーマを無視して合流することが出来る。

左側下部のダブル状態になっている敵は、待ち伏せを使ってくる。HPが低い時に「倒せる」と思って攻撃すると、先制攻撃され返り討ちにあってしまうので注意したい。

最後にリョウマを倒す。竜脈を使っておくと回復されない。

26章 悪逆

宝箱が5つあるため、鍵開けスキルを持つユニットを出撃させること。

ノスフェラトゥは近接のみなのでそれを利用して壁を作って倒すのが効果的。後衛が有利となる。

初期位置下部の敵は「ビーストキラー」や「ハンマー」などの特攻武器を持っている。注意しないと一撃でやられてしまうおそれがある。装備している武器だけでなく、敵の持つ武器確認しながら戦うようにすると良い。

「左側→右側→下側→ボス」というように、全軍固まって進軍するのがおすすめ。

27章 虚ろなる王

「27章→終章→エンディング」と連続で進むため、終章ではセーブやマイキャッスルへ戻ることが出来ない。そのためこの時点で買い物など終章に向けた準備もしておかなければならない。

また、いくら経験値を貯めたところで、クリア後に遊ぶデータは27章進軍前の状態となる。レベルに自信があれば無理にここでレベル上げをする必要はない。

このマップでは、6人のユニットが隔離される。

上部配置の2人高い守備力のユニットをおいておくか、敵を倒せるユニットをおいておかないと危険。

それ以外は敵と戦わずすぐに合流出来る。1ターン目で敵の攻撃範囲外へ逃げ、2ターン目で仲間と合流してダブル状態になれば単独で戦う必要はない。

上部のボス部屋へ素早く全軍を集めて、ボス部屋前にユニットで壁を作ると安全に戦える。

ボス討伐時、防御力・HPの低い回復ユニットを利用して攻撃役のユニットを回復させる時には、ボスの射程ギリギリに回復役を配置し、射程外の他ユニットで救出すること。敵のターンで攻撃されなくなる。

終章 光去り行く黄昏

全体攻撃がくるため防壁竜脈で作り、壊れたら作るようにすること。

タクミがを集めはじめたら、全体攻撃が来る。防壁のある列の後方に配置しないとダメージを受けてしまうので注意しなければならない。

ノスフェラトゥは近接しか利用できず、5マスしか進めない。防壁を利用したり、歩数・射程の差を利用することで無用な戦いを避けることも出来る。

タクミはダブル状態になっているが、1体倒せば倒れる。

【FEif攻略】暗夜王国終盤21章~終章の攻略ポイントまとめ

おすすめの漫画やおすすめのゲームなど、主に読み物の読後にレビューをしているサイト。

Copyright© 読後.com , 2015 All Rights Reserved.